読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自転車にのる 日々の記録

ロードバイクにのった記録です

結石の記録(2016/09/19~2016/11/02)

9月の末から痛かった尿管結石、本日無事完治したので記録を残します。

最初は9/19の夜、突然腰が痛くなりその後腹痛。

9/20に町医者にかかる。その時検尿するも血液反応がなかったため腸炎では?と診断される。その際急激に痛くなったら救急に行ったほうが良いと言われる。

9/22の未明、痛くなり目覚める。救急病院に行き診断を受ける。
症状から尿管結石を疑われCTを撮影。結果結石が見つかる。ロキソニンを処方され、専門病院で診察してくださいと言われる。

9/23 泌尿器科の病院に行く。レントゲンを撮影。5mm~8mmの結石が膀胱まで2cmのところで止まってると言われる。
ウロカロンを飲んで自然排出を期待。1週間後に再度診察。

10/01 レントゲンを撮影。膀胱まで1cmのところまで移動。もう少し経過観察をして動かないようなら手術も検討してくださいと言われる。

10/29 レントゲンを撮影。膀胱まで1cmのところから全く動いていない。ひっかかりやすい場所らしい。手術をすることになる。
しかし11月中は仕事が忙しいので12月以降の手術。その日程も会社と相談して候補日を決めて医師と次回診察時に相談することに。

11/02 会社でトイレに行くも尿道が痛い。尿管の疝痛とは違う直接的な激痛。
水をたくさん飲むが排尿できないつらさ。頻繁にトイレとオフィスを往復すること1時間半。カツンという音と主に排出された。

f:id:roku572:20161102230226j:plain
本当に8mm×5mmの大きさでお医者さんすごいって思った。
思ったよりも角がまるかったそ、そのおかげで尿管を移動しているときにあまり痛くなかったのかも。

朝、尿管から膀胱に移動したときは痛みもなく全然気が付かなかった。

 

とにかく手術が回避できてよかった。